リフォームローン金利が安い銀行はどこ?

アルヒ(ARUHI)の金利が安いリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を安くおさえることができます。

楽天のリフォームローンには金利が安いフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。

参考:リフォームローンの金利が安い銀行は?金利比較!【固定と変動どっち?】

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

リフォームローンの金利というものは金融機関によってかなり異なります。

低い金利は1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動金利言われる金利と安い固定金利と言われる金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、安い固定金利は完済するまで金利は変化しない借りやすさは変わって来ますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコの金利が安いリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済時まで安い固定金利が適用され保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

でも、住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

返済に無理のない借入額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

リフォームローン審査の内容について説明します。

リフォームローン審査の内容は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合に適用されます。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告をする必要があります。

リフォームローンの口コミでは、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

やはり金利が安いリフォームローンは人気なので多くの人が集中するため審査が厳しい傾向にあります。

厳しい審査ゆえに多くの人が審査に落とされ怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

 

リフォームローンは住宅ローンで借りるのがおすすめ?

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても借りられるリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので手軽に利用出来るローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームです。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

口コミで人気のアプラスの金利が安いリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

金利に関しましては短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除が可能です。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が決まっています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下などが挙げられます。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と安い固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入期間や上限金額もとても重要ですし、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

団信の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

金利が安いリフォームローンは種類が多いのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はその原因を丁寧に分析することが大切です。

落ちてしまった要因として希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

勤続年数や会社の経営状況、雇用形態等に融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらを整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。